日進木工買取

日進木工 ニッシンモッコウ 家具買取

ブランド家具日進木工

日進木工 ニッシンモッコウ

▶ http://nissin-mokkou.co.jp/

素材本来の美しさが伝わる、シンプルな完成度。
日本人の美意識に歩み寄った北欧モダン。
そこから発信されるのは、より良いライフスタイルの提案です。

北欧インテリアを彷彿とさせるフォルムでありながら、日本の生活に馴染むイメージが自然と湧きあがるモダンデザイン。数ある国内家具ブランドのなかでも屈指との呼び声が高い「日進木工」の家具は、そうした不思議な魅力を放っています。「伝統技術を生かしながら、現代の生活に合うモダンスタイルの家具をつくりたい」……創業時から変わることなく掲げてきた「日進木工」のコンセプト。その重みは時を超えて、家具を手に取るわたしたちに届けられます。

「日進木工」の創業は1946年、岐阜県高山市でのことでした。
「飛騨の匠」と呼ばれる職人たちの技術が根付いたこの地で、「日進木工」はモダン家具製作ブランドとしての道を歩んできました。創業当初から高品質な木製家具づくりにこだわりを持っていた「日進木工」でしたが、躍進のきっかけとなったのは1963年頃、これからの日本人の生活スタイルに合わせた製作を始めたことです。北欧モダンをベースとしながらも、日本の住宅に溶け込むようなオリジナルデザインの開発を追求した「日進木工」。

日本人の美意識と生活の両方を考慮したデザインに、長い歳月を経て受け継がれてきた伝統技術を注ぎ込んだ、これまでにないモダンスタイルが誕生したのです。以後、シンプルで機能的な美しさを基本として、さまざまな製品を提案してきましたが、家具製作のなかでも「日進木工」が注力し続けてきたのは、家具づくりにおいて最も技術が必要と言われる「ダイニングチェア」の製作です。

「家具は重いほうがいい」という考え方が主流だった当時、「毎日使う椅子は軽いほうがいい」と、率先して椅子の軽量化につとめました。とは言うものの、軽さと丈夫さ、そして美しさを兼ね備えた椅子を作るために必要な技術は、並大抵のものではありません。

良質な木材を見極める目利き、そしてミリ単位の精度を正確に仕上げる高度な技術と豊富な経験を重ねてきた職人だからこそ成せる業。「日進木工」の職人たちは、軽くて丈夫なばかりではなく、細身であること、どこまでもシンプルなデザインであることまでを重視した椅子の製作を可能としたのです。

「日進木工」が強く意識するのは、日本における「家風=ライフスタイル」。「日進木工」が考えるそれは、機能性や利便性ばかりに重きを置くのではなく、本来あるべきポリシーを大切にした生活の在り方です。現代日本人の暮らしにこそ馴染む家具づくりを考え抜いてきたからこそ出来る「トータルとしてのライフスタイルの提案」。

「日進木工」の家具との出会いはきっと、より良い生活へのインスピレーションをもたらしてくれることでしょう。

買取査定を依頼する

▼ 高価買取査定ポイント
・外見も重要な査定ポイントです!
・箱や冊子、付属品は全てセットである!
・保管状態はとても重要です!
・買取額は需要と供給の関係です!人気商品はより高額に買取致します!
・まとめてお売り下さい!一回の買取点数多数ある場合の方が サービスできる幅も広がります!

福来る屋カレンダー

2022年6月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

買い取り商品のご案内

ページ上部へ戻る