カンディハウス買取

CONDEHOUSE カンディハウス 家具買取

ブランド家具カンディハウス

▶ http://www.condehouse.co.jp/

北海道・旭川の樹木を選び抜いて生み出される、「カンディハウス」の製品たち。
上質でシンプルなデザイン、その中に木のぬくもりが溢れる家具は、幅広い生活スタイルに自然と馴染みます。

木の素材感、質感を第一に捉えた、使うほどに深みが伝わるフォルム。
旭川家具の新時代を担うブランド「カンディハウス」の特徴といえば、「タイムレスなデザイン性」「素材を活かした機能美」です。
「カンディハウス」の歴史は、1968年にその前身となる企業「インテリアセンター」が設立されたことから始まります。

インテリアの本場・ドイツで修練を積んだ経験から、当時より世界を視野に入れていた創業者は、旭川の良質な木材から作りだした家具を世界に送り出すことを事業の原点としていました。
木材の品質の高さでよく知られ、すでに多くの家具メーカーが軒を並べていた旭川にあって、とりわけ時代を先読みすることに優れていた「カンディハウス」。

西洋のインテリア感覚を製作に流し込み、実用性のみならずデザイン性も重視した椅子やテーブルを開発したことが、各方面で高い評価を受けました。
そして2005年、世界進出に向けて構築していたブランド名「カンディハウス」を社名に変更し、グループ全体でのブランドイメージの統一がなされました。

同年には、1984年のアメリカに続いて、ドイツにもショールームをオープン。さらに世界最大規模のインテリア見本市「ケルン国際家具見本市」への出展も開始し、2012年には8年連続となりました。
「カンディハウス」にとって、これらの海外拠点は単なる販売網ではなく、未知のアイデア、最先端のデザイン、優れた素材といった多彩な情報の通り道。今後のニーズをいち早くキャッチし、国内外を問わず高度な満足を提供するためのプラットフォームとなっています。

「カンディハウス」では、デザインから生産まですべての作業を自社でおこなっています。そしてその過程は、機械作業と手仕事、そのどちらにも偏ることはありません。最新の加工機による効率的な生産と、細かな点に目が行き届く、熟練の職人による技術。この絶妙なバランスこそが、ハイグレードな美しさを生み出し続けているのです。

「カンディハウス」が追求する「高品質」は、木の素材の良さを最大限に発揮した製品。デザインひとつ取っても、高級感のある装飾を施すのではなく、あくまでもシンプルな機能美を重視しています。木々の呼吸を肌で感じることで、一本ごとの特性や状態を見分け、家具のどの部分にどのように使うのかまでを綿密に考慮。

そして素材、構造、デザインというあらゆる側面から家具のロングユースを意識して作られる製品。その背景にあるのは、「次の森が育つまで使える家具」という、人にも環境にも優しいこだわりです。木を愛する人ならば必ず感じられる上質なぬくもりが、「カンディハウス」にはあります。

買取査定を依頼する

▼ 高価買取査定ポイント
・外見も重要な査定ポイントです!
・箱や冊子、付属品は全てセットである!
・保管状態はとても重要です!
・買取額は需要と供給の関係です!人気商品はより高額に買取致します!
・まとめてお売り下さい!一回の買取点数多数ある場合の方が サービスできる幅も広がります!

福来る屋カレンダー

2022年5月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

買い取り商品のご案内

ページ上部へ戻る