東兆

東兆 酒買取

酒買取東兆

■東兆のお酒
東兆の蔵元である、大石酒造の創業は明治32年(1899年)。
この年は、自家用酒製造禁止法が施行された年でもあります。

そして、国は自家用醸造禁止の代わりに共同醸造を認めました。
当初は、創業者の大石長次郎を含めた3人で共同醸造を始めましたが、2年後には単独で事業を継続し、現在に至ります。

「東兆」は、鹿児島県長島町で生産された米(ひのひかり)と、温暖な気候と良質の赤土で作られた芋を使用。
仕込み水は、大川地区を流れる尻無川上流久保田に湧く名水「平出石の水(ひででしのみず)」と、白麹を用いて甕で仕込み、さらに一年間甕貯蔵し熟成しています。

そして東兆は販売店のインパルス諏訪のプライベートブランド銘柄で、「東の方から何かが起こる兆しがある」という願いを込めて付けられた名前。
その名前に込めた気持ちが表れている東兆は、原料の良さがそのまま酒質に影響し、豊かな大地の恵みと、妥協を許さない造り手のこだわりを感じることができます。

さつま芋ならではの柔らかな甘味と香りが広がるやさしい味わい、後味はとてもスッキリしていて、いつまでも芋の香りが残りません。

東兆原酒は、原酒だからキツイのではと思われがちですが、アルコール度数の高さを感じさせない、やわらかい芋の甘味を感じることができます。
原料にこだわり造り上げた味を、ゆっくりと楽しみたい焼酎です。

■蔵元:大石酒造/鹿児島県阿久根市
■原料:さつま芋(栗あづま)・米麹

▼ 東兆買取銘柄
・東兆
・東兆原酒
・東兆原酒一斗甕

▼ 高価買取査定ポイント
・外見も重要な査定ポイントです!(化粧箱や商品のラベルなど)
・箱や冊子、付属品は全てセットである!
・保管状態はとても重要です!(ワインセラー保管の有無などは特に重要です!)
・買取額は需要と供給の関係です!人気商品はより高額に買取致します!
・まとめてお売り下さい!一回の買取点数多数ある場合の方が サービスできる幅も広がります!

買取査定をする

焼酎買取一覧
森伊蔵 | 魔王 | 伊佐美 | 真鶴 | 村尾 | 櫻井 | 萬膳 | 佐藤(黒) | 佐藤(白) | 赤兎馬 | 富乃宝山 | 鷲尾 | 赤霧島 | 明るい農村 | 鶴清 | 耶馬美人 | 東兆 | 百年の孤独

ページ上部へ戻る