明るい農村

明るい農村 酒買取

酒買取明るい農村

■明るい農村のお酒
創業は明治44年(1911年)で、日本で最初の国立公園に指定された霧島のふもと、に小さな蔵があります。
以前の社名は「さつま霧島酒造」でしたが、平成の大合併により地名を残したいと言う願いから現在の「霧島町蒸留所」に改名されました。
蔵からは高千穂の峰が見え、背景には美しい霧島川が流れています。

大自然に囲まれた蔵では、創業当時から受け継がれている日本製の和がめを使用し、かめ壺仕込みをしています。
明るい農村は、黒麹菌と白麹菌の原酒をブレンドした、コクとキレの良さがある芋焼酎で、使用している水は、おいしい水でも有名な霧島山麓の水です。
芋は、鹿児島県産の黄金千貫(こがねせんがん)を使用し、デンプン質が多く焼酎づくりに適した芋です。

「焼酎は良き土に始まる。良き土は明るい農村にあり。」
霧島町蒸留所の思いを託した、代表銘柄である明るい農村の名前はインパクトがあり、ラベルも大変個性的。
やや辛口で中酒としてよく合います。

甕入りの明るい農村・赤芋仕込みの原酒は、蔵人達が、全力を傾けた限定焼酎。
バランスが良く、フルーティーな香りで口当たりが柔らかく、上品な芋の甘さが凝縮されています。

赤芋仕込みの明るい農村には綾紫(アヤムラサキ)芋を使用。
皮も中身も赤紫色をした品種で、ポリフェノールを豊富に含んでおり、甘味が強いのが特徴で、赤芋仕込みですが、蒸留するとで無色透明になります。
優しく上品な赤芋独特の甘さと、濃厚な味わいながらスッキリした飲み口をお楽しみいただけます。

■蔵元:霧島町蒸留所/鹿児島県霧島市
■原料:芋・米麹

▼ 明るい農村買取銘柄
・明るい農村 芋焼酎
・明るい農村 黄金ハツダレ
・明るい農村 赤芋仕込み
・明るい農村 赤芋ハツダレ
・明るい農村 赤芋原酒 土甕入り
・明るい農村 蒸留したて
・明るい農村 蒸留したて 赤芋仕込み
・明るい農村 古酒 豊穣の実り 芋焼酎

▼ 高価買取査定ポイント
・外見も重要な査定ポイントです!(化粧箱や商品のラベルなど)
・箱や冊子、付属品は全てセットである!
・保管状態はとても重要です!(ワインセラー保管の有無などは特に重要です!)
・買取額は需要と供給の関係です!人気商品はより高額に買取致します!
・まとめてお売り下さい!一回の買取点数多数ある場合の方が サービスできる幅も広がります!

買取査定をする

焼酎買取一覧
森伊蔵 | 魔王 | 伊佐美 | 真鶴 | 村尾 | 櫻井 | 萬膳 | 佐藤(黒) | 佐藤(白) | 赤兎馬 | 富乃宝山 | 鷲尾 | 赤霧島 | 明るい農村 | 鶴清 | 耶馬美人 | 東兆 | 百年の孤独

ページ上部へ戻る