飛騨産業買取

飛騨産業 キツツキマーク 買い取り

ブランド家具飛騨産業

▶ http://kitutuki.co.jp/

シンプルだからこそ深みある、普遍的な存在感。何処までも美しい曲線で象られた、上質な木の温もり。
それを形にしてきたのは、飛騨の伝統と欧米モダン、そして木を愛する心です。

その歴史のはじまりは、1920年のある日。飛騨高山の町を訪れた2人の旅人が、西洋の曲げ木家具の技術を伝えたそうです。椅子を見たこともなかった飛騨の職人たちでしたが、その話に感銘を受け、株を出資し合って西洋家具メーカーを創業します。「飛騨産業(キツツキマーク)」の第一歩でした。

職人たちは長年受け継がれてきた木の知識と技術を駆使し、試行錯誤を経て、2年後には最初の椅子を完成させました。当初は曲げ木の発案者・トーネットの椅子を模したものから形にしていましたが、改良や工夫を重ね、やがてはオリジナルチェアや折り畳み椅子も製作するようになったのです。「飛騨産業(キツツキマーク)」の高品質な製品は、アメリカから来日していた家具バイヤーの目にも留まります。

昭和初期にはすでに、大量の発注に対応するべく体制を整える必要に迫られたほどでした。こうした流れの中で「飛騨産業(キツツキマーク)」は、欧米のモダニズムを汲み取った製作スタイルを確立していくことになります。戦後に販売されたウィンザーチェアは圧倒的な輸出数を誇り、その功績により総理大臣賞も受賞しました。この頃から国内販売にも注力していた「飛騨産業(キツツキマーク)」でしたが、昭和後期からは全面的に国内販売へと転向。

高度で繊細な職人技によって世に送り出された作品の数々は、品質の良さ、デザイン性ともに各方面の人々の目を引き、「飛騨産業(キツツキマーク)」は時を掛けずして国内に名の知れた、飛騨のリーディングブランドとなったのです。

そして現在、「飛騨産業(キツツキマーク)」が志しているのは、今まで以上に日本人の暮らしに相応しい、日本の風土と文化に根ざした家具をつくること。その高い志は、2001年から展開が始まったシリーズ「森のことば」にも注ぎ込まれました。「節」を重視した高度な職人技による作品群は、家具業界に新たな風を吹き込んでいます。

シンプルだからこその深み、そこにある普遍的な存在感。何処までも美しい曲線で象られた、上質な木の温もり。飛騨の伝統と欧米文化の融合で生み出され、今また新たな時代を迎えている「飛騨産業(キツツキマーク)」の作品には、何よりも木と暮らしを愛する心が宿っています。

買取査定を依頼する

▼ 高価買取査定ポイント
・外見も重要な査定ポイントです!
・箱や冊子、付属品は全てセットである!
・保管状態はとても重要です!
・買取額は需要と供給の関係です!人気商品はより高額に買取致します!
・まとめてお売り下さい!一回の買取点数多数ある場合の方が サービスできる幅も広がります!

ページ上部へ戻る