デセデ買取

DE SEDE デセデ 家具買取

ブランド家具デセデ

▶ http://www.desede.ch/

創業以来、”最高品質”と”伝統的なクラフトマンシップ”をテーマに、優れた革張りソファを数多く手がけてきたde Sede(デセデ)。
最高級皮革ならではの魅力を十分に堪能させてくれる同社のソファは、”本当に良いもの”を知るエグゼクティブから広く愛され続けています。

de Sede(デセデ)は1965年、スイスの老舗レザーファニチャーブランドとして創立しました。前身は家族経営の小さな馬具製造工場でしたが、その確かな技術がスイス国内において高く評価され、株式会社に発展。優れた職人技術と革へのこだわりを家具製造にも活かすべく、以降はスイスの老舗家具メーカーとして歩み始めました。

de Sede(デセデ)といえば、作品の随所に“最高品質”と“伝統的なクラフトマンシップ”が感じられる、美しい革張りソファが有名です。そこには“一人ひとりの心を満たすハンドメイド家具の傑作”というブランドコンセプトが色濃く投影されており、de Sede(デセデ)のこだわりである一切の妥協を許さないモノ作りへの姿勢を垣間見ることが出来ます。厳選された高品質素材は、手に触れた瞬間にしっとりとした心地良さが感じられ、色合いやシワなどの自然な風合いを演出してくれます。そして、これらの素材は熟練した職人の手によって丁寧に家具に仕立てられ、丈夫で美しい革張りソファが生み出されるのです。型取り、裁断、縫製、張りぐるみといった各工程に、職人の技が光ります。

また、de Sede(デセデ)ブランドの魅力を一層引き立てるのは、世界の有名デザイナーによる秀逸なデザインであると言えるでしょう。Mario Bellini(マリオ・ベリーニ)やThomas Althaus(トーマス・アルトハウス)らによって手がけられた絶妙なフォルムは、シンプルながらもさりげない美しさを演出します。de Sede(デセデ)のプロダクトのうち、日本でも特に有名な作品といえば、『スネークソファ』ではないでしょうか?アコーディオン式の連結を用いてまるで蛇のような曲線シルエットを実現した本作品は、滑らかな孤を描く美しいフォルムが魅力的です。

レイアウトの自由度が高く、配置する空間に応じてフレキシブルに表情を変えるデザインに、この作品の優れた構造美を感じることが出来ます。日本では、かの有名な石原裕次郎さんが愛用していたことで知られており、裕次郎記念館にも展示されているソファです。現在ではMobilia(モビリア)とライセンス契約が交わされ、de Sede(デセデ)監修のもと、今もなお美しいスネークソファが生み出されています。

“革の芸術品”と称され、各国セレブからの支持も高いde Sede(デセデ)のソファ。そこに感じられるのは、高品質皮革ならではの極上の質感と、革を知り尽くした熟練職人による確かな技術、そして私たちの心を魅了してやまない洗練されたデザインです。ひとつの作品の上でこれら3つの要素が見事に調和する様は、まさに“不朽の名作”と表現するに相応しい、確固たる存在感を感じさせてくれます。

買取査定を依頼する

▼ 高価買取査定ポイント
・外見も重要な査定ポイントです!
・箱や冊子、付属品は全てセットである!
・保管状態はとても重要です!
・買取額は需要と供給の関係です!人気商品はより高額に買取致します!
・まとめてお売り下さい!一回の買取点数多数ある場合の方が サービスできる幅も広がります!

ページ上部へ戻る