カリモク買取

karimoku カリモク 家具買取

ブランド家具カリモク

▶ http://www.karimoku.co.jp/

木の素材感そのままの味わいを感じられるデザイン。
上質なナチュラルテイストから広がる、そこはかとない居心地の良さ。
それを届け続けているのは、確かに積み上げられた技術とこだわりです。

シンプルで普遍的なデザインと同時に伝わってくる、美しい木目の素材感、年輪の味わい深さ。木の魅力を最大限に生かした「カリモク」の家具は、「木と人の家具」として多くの人に安らぎを与え、親しまれています。「カリモク」のルーツは、1940年(昭和15年)・愛知県刈谷市。

江戸時代より続く木材屋を継いだ初代社長・加藤正平氏が、木工所を創業したことにありました。その後1947年には「刈谷木材工業株式会社」として法人化。今でこそ家具ブランドとして名高い「カリモク」ですが、初めから本格的な家具製作に着手していたわけではなく、初期の頃には細かな部品などの製作を主としてきました。木工技術を向上していく中、ひとつの契機となったものが、1951年にミシンのテーブル部分を手掛けたことです。

細かく確かな技術が要求される作業。それに耐える高度な職人技を磨いていった「カリモク」は、その後もさらに細かな世界であるピアノの部品製作などに挑戦していきます。そして生産も軌道に乗ってきた1963年、満を持して「カリモク」オリジナルブランドの製品として発表されたのが、輸出家具を日本人向けのものとして改良した椅子「Kチェア」でした。

ミッドセンチュリーを存分に感じさせるデザインと、絶妙な座り心地を兼ね備えた「Kチェア」は、家具愛好家のみならずプロデザイナーなどからも絶大な支持を受け、その後現在に至るまで人気の衰えないロングセラー製品となりました。1964年には社名を現在の「カリモク家具販売株式会社」とし、家具ブランドとしての名を浸透させていきます。当時から「カリモク」が大切にしてきたものは、「木を知り、木を愛し、木にこだわる」こと。

その信念に説得力を与えているのは、「カリモク」が積み上げてきた技術力です。木製家具を製作する上での壁となりやすい、木材の狂いや割れを防ぐために必要とされるのは、追求された生産技術。
「カリモク」は、長年の経験をもとに独自研究した乾燥技術、仕上がりが良質なだけではなく木目の美しさを引き立てることまで徹底した加工技術によって、作品ひとつひとつを丁寧に仕上げているのです。
その後も「カリモク」は、カフェチェアやロビーチェア、電話台などを次々と製作し、国内インテリアを彩ってきました。そして2002年。

「カリモク」は、創業以来製作に打ち込んできた「Kチェア」「ロビーチェア」を中心に、1960年代に生まれた良質な家具を提案する新ブランド「カリモク60」を発表しました。選りすぐりの普遍的デザインのものから、その時代ならではの名作の復刻など、現代の生活にこそ取り入れたいコンセプトが詰め込まれています。

徹底された技とこだわりによる、木目の美しさ、年輪の表情、木のぬくもり、そして安心感。さまざまなテイストへと広がる「カリモク」の家具は、どれを選んでも、その心地よさを感じさせてくれます。

買取査定を依頼する

▼ 高価買取査定ポイント
・外見も重要な査定ポイントです!
・箱や冊子、付属品は全てセットである!
・保管状態はとても重要です!
・買取額は需要と供給の関係です!人気商品はより高額に買取致します!
・まとめてお売り下さい!一回の買取点数多数ある場合の方が サービスできる幅も広がります!

ページ上部へ戻る